じつは、この前の日曜日(私が民家園で稲わらの講習会を受けている時)
田んぼでは脱穀作業が行われていました。
b0369073_03305179.jpg
夕方に田んぼに行き、その日脱穀~精米したお米を受け取って帰り、
b0369073_03310858.jpg
翌日朝においしく食べました。


その日は、後片付けができていなかったので
雨が降る前に、と、わらの後片付けをしてきました。
b0369073_03322473.jpg
b0369073_03330541.jpg
はざをかけた竹の三脚?に、稲の束がかけてありました。
田んぼの会の主催の人がやったのだと思うのですが、
なかなか素敵なオブジェだと思いました。


わら束5~6束をひとまとめにして、わらで縛ります。
b0369073_03352511.jpg
これを竹の台?の上にポンポンと乗せて行きます。
b0369073_03361341.jpg
完成です!
b0369073_03372786.jpg
わらの束が大きくて大変な作業かと思いましたが、
「田んぼで体を動かす」とか「稲」とか「稲わら」が大好きなので
全然苦になりませんでした。
(田んぼで作業すると「ああ、私はこの場所がすごく好きなんだなぁ~」と思います。)


子供乗せ自転車の後席に、わら束を。
b0369073_03395245.jpg
これがちょうどいいんですよね。
ヘッドレストの位置とか形が。


いっぱいわらが手に入りました!
さぁ、お飾りを作るぞ!!!



最後までお読み頂きありがとうございました。



[PR]
# by inenokami | 2017-11-23 03:44 | 田んぼ | Comments(0)

昨日は、川崎の民家園で稲わらで「釜しき」を作る体験講座があり受講してきました。
b0369073_04481325.jpg
ここへ来るのは久しぶりです。
もう、干し柿の季節なんですね。


むしろの上で、アウトドア教室です!
b0369073_04505298.jpg
本来、稲わら細工はこういうところでやるものですよね!
(普段、室内でやっているので、この「場所」でできるだけで嬉しかったです。)
b0369073_04521652.jpg
はかま取り、藁打ちもさせてもらえました!
(こういう「藁のしたく」から体験させてくれるところは少ないそうです。)
b0369073_04560812.jpg
講師の先生は、普段この民家園で
わら細工をしている民具製作技術保存会の方。
着ているそろいの半被がいい塩梅に色落ちしていて
「藍の色の落ち具合がかっこいいなぁ~(古布好きの視点)」
と思いました。


藁の支度が終わったら、古民家の前の庭で作成作業です。
b0369073_05010196.jpg
問答無用で野良着+てぬぐいかぶりです。
b0369073_04501334.jpg
「こういうスバラシイ環境(古民家の前の庭)で作業できるのに、
持ってる野良着着ないでどうする!」
(野良着コスプレイヤーとしてのプライド)
という思いから、このような仕様になりました。
b0369073_05062328.jpg
先生が裸足なので、私もノー靴下でやってみました。
正直、寒かったですが、気合いが入りました。
(この日、「晴天」とは行かず、「晴れたり曇ったり」でした。)



下を向いての作業に疲れて見上げる空の青さと古民家の屋根。
b0369073_05004325.jpg
ああ~幸せだなぁ~。
最高の環境で、心から楽しいと思える作業ができるなんて。


最高の気分でした。



10時開始で、完成が1時ごろ。
b0369073_05102421.jpg
b0369073_05103898.jpg
お昼休憩なしでぶっ通しで作業でしたが、
苦になるどころか楽しかったです。


この日は、娘二人も連れて行ったのですが、
私が作業している間、わら細工の保存会の方に面倒を見てもらい、
本当に助かりました。
「おじいちゃん、おばあちゃんと孫」のように親しくしてもらって、
娘たちも喜んでいました。
b0369073_05150584.jpg
帰りに娘たちのぞうりも作ってもらい
とても良い記念になりました。
(その藁細工の手さばきたるや!
「すぐできるから、お母さんはお弁当食べながら待っててね~」
なんて、さささ~っと2足のぞうりを作って下さいました!
すっごくかっこいい!あこがれる!!と思いました!)

b0369073_05235430.jpg
素敵なお土産!ありがとうございました!!



私も娘たちも、本当に楽しかった!と大満足な一日でした。




最後までお読み頂きありがとうございました。








[PR]
# by inenokami | 2017-11-20 05:27 | 稲わらハンドメイド | Comments(0)

今月の開催も「朝から快晴!」とはいきませんでした・・・

b0369073_03541964.jpg
開催日は「台風(先月)」「朝から雨(先々月)」という感じで
ここ数カ月お天気に恵まれていない大和古民具骨董市ですが、
今月も「昼ごろから雨」という予報の中、開催されました。
b0369073_03553700.jpg


(7時半頃。本部設営中)

しかも今月は「今シーズン一番の冷え込み(天気予報)」というおまけ付き。
「雨予報」「冷え込み」というダブルパンチのおかげか、
今月も空きスペースが多く感じられました。

b0369073_04181895.jpg
b0369073_03590188.jpg

でも!まだ雨は降っていません!
冷え込みも予報ほどではありません!

大和骨董市!開催!

お客さんの熱気!!
b0369073_04014575.jpg
(ここは行きつけの「何でも100円ショップ」(笑)
「投げないでね~おさないでね~」とお店の人が言わなきゃいけない程の大人気店です。)

何度も言うようですが、私よりも年上の方々が、こんな早朝から、
と思うような時間からたくさんたくさん来て、物を売ったり買ったり。

骨董市ってパワースポットだと思うんです。

人と、モノとの「気」というか「オーラ」というか、
そういうものがあるよなぁ~、と、毎回思います。



「うちはテントあるから、雨でも来るよ。」
と言ってくれているいつものお店。
b0369073_04054162.jpg
雨、寒さの予報の中、よくぞ出店して下さいました!と、今月も感謝感謝です。


先月はお休みされていたお店で
「これはあなたが好きそうだから持ってきたよ」
なんて、素敵な襤褸を見せて頂きました。
b0369073_04104923.jpg
・・・買わずに帰れませんよね。(二重の意味で(笑))

私のような若輩者(謙遜でも何でもなく、骨董市に行くといつもそう思います)を
気にとめて下さって、本当にうれしかったです。
「顔なじみ」ってすごくいいものだなって思いました。


b0369073_04240495.jpg
駅下から西方面。


西エリア。
b0369073_04231643.jpg
素敵な野良着。

b0369073_04262694.jpg

こんな鍋を、囲炉裏の自在かぎにつるして
ぐつぐつ煮た汁ものはおいしいだろうなぁ~!(古民具大好き)
b0369073_04260862.jpg
西エリア端~駅方面。
b0369073_04264555.jpg
素敵なものがいろいろあります。
b0369073_04364575.jpg
b0369073_04355934.jpg


なんて歩き回っていたら、少し晴れ間が!
b0369073_04300612.jpg


私はこの後、子供の学校行事があるので9時過ぎには退散したのですが、
お昼ごろからパラパラ、2時ごろに本降り、という感じで、
今月はまぁまぁいい天気の中での開催だったのではないかと思いました。
(ここのところ数カ月の「土日の天気の悪さ率」は、異常だと思います。)


b0369073_04374418.jpg

東の端~駅方面。
お昼頃まで、空模様はこんな感じでした。


お天気がよくなくても、出店して下さるお店の方、
開催して下さる本部スタッフさん、
骨董が大好きなお客さん、
みなさん今月も本当に楽しかったです!ありがとうございました!




最後までお読み頂きありがとうございました。

~追記~
今月、金銀の水引と紅白の和紙が売られていました。
b0369073_04445826.jpg

「これでお正月飾りを作りなさい」
というカミサマからのメッセージかなと思いました。
お正月飾り作り、がんばるぞー!!

[PR]
# by inenokami | 2017-11-19 04:49 | 骨董市 | Comments(0)

鬼が笑う?

今年とれたお米の稲わらを、工作用に下処理しました。
b0369073_04321903.jpg
霧吹きで湿らせて、わらを打って
b0369073_04323777.jpg
綯(な)っていきます。
b0369073_04315994.jpg
一束を3本に分けて、左綯い。
b0369073_04325518.jpg
ぐるっと丸くして、
b0369073_04330665.jpg
お正月飾りです。


「もう来年の話をしている」と、鬼に笑われそうですが、
稲わらの下準備やら子供の行事やらで忙しくて、
今から作っておかないと、12月の手づくりイベントに間に合いません。


今年一年、田んぼや稲に関わってこれてとても楽しかったなぁ~
と、一年を振り返りながら作っています。

よいことばかりが思い出されます。
私って本当に田んぼとか稲が大好きなんだなぁ~と思います。
b0369073_04443763.jpg

今、こうして稲わら細工ができることがとても幸せです。




最後までお読み頂きありがとうございました。



[PR]
# by inenokami | 2017-11-15 04:46 | 稲わらハンドメイド | Comments(0)

秋の古民家

今日もとてもいい天気だったので、
近くにある古民家に行ってきました。
b0369073_15301749.jpg
秋晴れにかやぶき屋根。
b0369073_15303331.jpg
柿。
b0369073_15304459.jpg
すっかり秋です。


早い時間に行ったので、囲炉裏に火が入っていました。
b0369073_15324818.jpg
持参の古布と記念撮影です。
b0369073_15330709.jpg
くけ台も持って行きました。
b0369073_15333173.jpg
b0369073_15350825.jpg

昔の人はこうして暖をとりつつ、囲炉裏の明かりで針仕事をしたのかな、
と思ったりしました。



外がいい天気で明るくても、古民家の中は落ちついた暗さが広がっています。
b0369073_15365013.jpg
b0369073_15365819.jpg
古民家の暗さが古布に似合うと思います。

b0369073_15404765.jpg
古民家に来ると、とても落ちつきます。
いつ来ても「いいなぁ~」と思います。


古民家の維持、管理はとても手間(お金)がかかることなのに、
きちんとやってくれている市に感謝です。



最後までお読み頂きありがとうございました。


[PR]
# by inenokami | 2017-11-09 15:41 | 古いもの | Comments(0)