昨日、2月17日は第三土曜日!
b0369073_04501192.jpg


冬晴れの中、大和骨董市開催です!

b0369073_04511481.jpg
氷が張るほどの冷え込みもなく、天気もよかったので
早朝からたくさんの人で賑わっています。(画像は7時半ごろです)

いつも朝一番に行くお店で、
b0369073_04532310.jpg
「おはようございます!今月も山盛りですね~(嬉しい)」
と言うと、
「これでも布の山、3分の1くらい低くなったのよ。
あさ3時ごろに買いに大量に買いに来る人がいて~。」
と先月と同じトーク・・・。

・・・いつかその人を見てみたいと思いました・・・。


そこから~駅下~西方面へ~。
b0369073_04570198.jpg
西側は周りに高い建物が多く、なかなか日があたりません。
b0369073_05004294.jpg
b0369073_04580731.jpg
そんな、ちょっと暗くて寒い中でもお客さんも素敵な商品もたくさん!
b0369073_05001731.jpg
b0369073_05022850.jpg
b0369073_05020649.jpg
(9時前だと、開店前のお店もちょいちょい見かけます・・・)
b0369073_06505224.jpg

西の端から駅方面。
b0369073_05024544.jpg
ここからUターンして東側へ。

その途中の中央広場では、スタッフさんがイベントの準備中。
b0369073_05134590.jpg
いつも10時くらいからバンド演奏やダンスステージなどが行われています。
(大和は「骨董市」だけではなく、こういう「発表の場」のような催しもあります。)



b0369073_05065958.jpg
わぁ!大きな犬を連れた人がいるなぁ!
b0369073_04571754.jpg


・・・と思ったら「売り物よ~(笑)」

b0369073_04574362.jpg
すごくよくできていてびっくりしました。
(連れて帰って、置く・・・
いや、飼うにはかなりのスペースが必要なワンちゃんだと思いました。)


東側はお日様が早い時間からあたります。
b0369073_05163501.jpg
b0369073_05171522.jpg
b0369073_05194737.jpg
b0369073_05165946.jpg

(だいたい9時ごろです)


b0369073_05200148.jpg
いつも行くお店でおしゃべり。
ここのお店の人は歳が近いので話しやすいのです。
このお店では買い物はもちろん、
「これ、いいねぇ~?」「そうでしょう?ここに使われてる生地は・・・」
といった「品評会」?「勉強会」?のような会話を楽しませてもらっています。
(いっぱい教わっています。感謝!)


・・・蓄音器!(←という名前、漢字の字づらも大好きです)
b0369073_05212200.jpg
ちゃんと、音が出ていました!
最近の「高音質」な音楽プレイヤーでは味わえない、
なんとも味のあるメロディーがとてもとてもすてきでした!
歩いているだけでこういうことに巡り合えるので骨董市って大好きです。


ここに来るようになって1年以上ですが、だんだんと楽しみ方が
「買い物だけではなくなってきたなぁ」と思います。
周りのお客さんのファッションチェック(骨董マダムのおしゃれなこと!)や、
自分は買わない(買えない)けど素敵だなぁと思う商品を眺めたりすること、
「今日は、駐車場待ちの渋滞がこの範囲にまで・・・」
のように、「骨董市会場のまわり」の様子までいろいろと見て、関心を持つようになりました。


b0369073_05214117.jpg
(東の端~駅方面、だいたい9時半くらい)


今月も、見たり買ったり話したり、とても楽しかったです!
イベントスタッフさん、お店の人、そしてお客さんもみんなに感謝です!

大和骨董市大好きです!
今月もありがとうございました!




最後までお読み下さりありがとうございました。



[PR]
# by inenokami | 2018-02-18 05:50 | 骨董市 | Comments(0)

以前作った襤褸バッグですが、
ショルダータイプよりもななめがけできる形の方が使いやすいと思い、
形を変えてみました。
b0369073_06272507.jpg

b0369073_06273355.jpg

b0369073_06280211.jpg


紐部分は、浴衣帯を2本連結したものです。
変に厚くなく、強度もあり、ちょうどいいと思いました。

b0369073_06275142.jpg


この辺に赤?朱?が欲しいなぁと思ったところに蚊帳の耳?端の布を当てたのですが、
その時に蚊帳を吊るす紐がくっついていたんです。

b0369073_06281599.jpg


色的に緑いいじゃん、と思って尻尾のようにアクセントで付けました。



車のかぎがよく行方不明になるので、
それをひっかけるフックも付けました。
b0369073_06304434.jpg



以前作った状態で「完成!」と思ったのですが、
実際に使ううち
「こうすればもっと使いやすい」という点に気付いて直していく、
「この色をここに入れたい」と思ったら足していく、
のように、自分の作品=未完成のものと見て、
直し、育てていくのも楽しいなぁと思いました。



最後までお読み下さりありがとうございました。


[PR]
# by inenokami | 2018-02-11 06:38 | 古布・襤褸 ハンドメイド | Comments(0)

2018年初午~2018・2・7~

うちのそばにある小さなお稲荷さんのお社。
b0369073_15414481.jpg
近所の人たちが、初午の日には長い幟旗を立ててお祭りしてくれます。

私も油揚げを持ってお参りしました。
b0369073_15425620.jpg
毎年、たくさんの実りをありがとうございます。
(おいなりさんは穀物の神様のお使いです)
稲わら工作をするものとして、「穀物の神様」に関する神事は外せません。


とてもきれいな青い空。
b0369073_15424489.jpg
その空へと高く高くのびる幟旗。
とても誇らしい、立派な姿だと思いました。


天気が良いので富士山との2ショット。
b0369073_15453308.jpg
(・・・といいたいところですが、電柱が・・・)



夕方、子どもたちと「初午団子」を作って食べました。
b0369073_15472857.jpg
今年もしっかりと初午の日を祝いました。
今年も稲わら工作で思いっきり楽しみたいと思います。



最後までお読み下さりありがとうございました。







[PR]
# by inenokami | 2018-02-08 15:50 | その他 | Comments(0)

町田骨董市~2018・2・1~

毎月一日は、町田天満宮がらくた骨董市!
b0369073_05255755.jpg
朝からいいお天気です。
b0369073_05260620.jpg
たくさんの人が朝早くから訪れていました。

いつも通り、天満宮の臥牛さんたちにもこんにちは。
b0369073_05311794.jpg
b0369073_05302793.jpg
・・・今月はあまり荷物が乗っていません。
(私が面白がって毎月撮るものだから、警戒されている?)

b0369073_05322595.jpg
よく見たら、くまさんと2ショット(笑)



いつも行くお店です。
b0369073_05270612.jpg
ココは梅の木の下にお店を出しているので、
b0369073_05343828.jpg
来月には「襤褸と梅」という写真が撮れそうです。


最近、大きな布がとても気になるんですが、
b0369073_05360263.jpg
b0369073_05364108.jpg
お値段も「大き」そうなので、見るだけです(笑)
(この「さんま」「大漁」の筒描き、本当に素敵でした)


2月1日は節分が近いからでしょうか?
何か催しをしていたみたいです。
b0369073_05401194.jpg
おはやしが聞こえてきました。
獅子舞もあったみたいです。


テレビクルーがいました。
b0369073_05431286.jpg
この、薄茶のコートを着た外国の方を撮影していました。
b0369073_05432239.jpg
カメラに貼ってあったステッカーからして、
外国の放送局のようです。
町田の骨董市って、外国の方をよくお見かけするので
海外でも知られているのかなぁと思いました。


古いものがたくさん!
b0369073_05453288.jpg
b0369073_05461385.jpg
b0369073_05485204.jpg

b0369073_05455850.jpg

面白いものもたくさん!

b0369073_05462291.jpg

b0369073_05484481.jpg

骨董市、大好き!



・・・と、骨董市を満喫後、帰宅途中雨が降ってきました。
b0369073_05531153.jpg

天気予報では夕方から雨、となっていたのに、
ずいぶんと早くから降ってきてしまいました。


骨董市のお店の人たちが、
雨に当たらないうちにお店を片付けられてたらいいなぁ、
風邪を引かないでくれたらいいなぁ、
と、そんなことを考えていました。


雪の予報が出るくらいの寒い中、
早朝から準備をしてくれていたお店の人、
骨董市の主催の人、
場所を提供してくれている神社の関係の方、
すべて、すべてに感謝です。


今月もとても楽しかったです。






最後までお読み頂きありがとうございました。







[PR]
# by inenokami | 2018-02-02 14:39 | 骨董市 | Comments(0)

雪の残る民家園へ

雪が降ったのはもう一週間も前ですが、
昼でも気温が上がらず、まだ雪が道路端に残っているような状態です@神奈川県。
そんな中、日曜日に娘たちを連れて川崎の民家園に行ってきました。







b0369073_05412001.jpg
b0369073_05113952.jpg
b0369073_05080579.jpg
日当たりの良いところは雪が解けていましたが、
日影や、雪を避けておいているところなどはまだまだ雪が残っていました。

そして、つららも。
b0369073_05082452.jpg
茅葺き屋根は、つららができやすい形なんだと思います。
b0369073_05111435.jpg
b0369073_05112798.jpg
子どもたちは「まだやわらかいよ!」と、たくさん残る雪におおはしゃぎ。
長靴をはかせて来ればよかった(笑)


b0369073_05150343.jpg
b0369073_05144988.jpg
この家は雪囲いをしてあるのですが、それが見事に機能していました。
b0369073_05171616.jpg
b0369073_05172867.jpg
雪囲いの内側から外を見るとこんな感じです。
囲いの分、光が入るところが小さくなるので
普段から暗く感じる室内がより一層暗くなるのですが、
その分、囲炉裏の明かりがやさしく、あたたかく感じました。
b0369073_05231927.jpg
火消し壺もじんわりとあたたかく(笑)
b0369073_05234645.jpg
子供たちとゆっくりとあたたまりました。

ここのお家には、土間から室内に上がるところの戸の端に
こんな四角い穴があります。(戸を閉めた時に開く)
b0369073_05280409.jpg
次女が面白がって手を入れています。
b0369073_05281987.jpg
b0369073_05293949.jpg

これは「猫が通る穴」なんだそうです。
昔のネコは「ネズミ捕り」という大事な仕事があって、
その任務遂行のため、専用の入り口を持っていたんですね。


お馬さんのいるお家。
b0369073_05312255.jpg
ここに来た時、雪がチラチラ舞ってきました。
(えっ?まだ降るの?)


日の当らない側の屋根にたくさん苔の生えているお家。
b0369073_05314757.jpg
見事なつららです。
b0369073_05342074.jpg
芸術的な形。
動物の爪のような、牙のような。


踏み固められていないやわらかい雪が多いので、
子供達には絶好の工作材料。
b0369073_05362426.jpg
b0369073_05361062.jpg
あちこちにかわいい作品が乗っかってました。
b0369073_05382884.jpg
こちらはかなり大きな雪だるま。

「お母さん!見て見て!つららきれい!」
b0369073_05395965.jpg
b0369073_05405192.jpg
(・・・なんで子供って寒い中でも雪とか氷を素手で平気で触るんだろう・・・)



雪の残る古民家をたくさん見られて、
雪で遊ぶこともできて、とても楽しかったです。


b0369073_05063380.jpg

b0369073_05475754.jpg

それから、広大な敷地内を、来園者に不便がないように
きれいに雪かきをしてくれた民家園のスタッフさんたちに感謝です。
(すべります、とか、落雪に注意、とかの看板がたくさんありました。)

こういう人たちがいてくれるから、私たちはいつでも安心して園内を回れるんだな、と
本当にありがたく思いました。



最後までお読み頂きありがとうございました。




[PR]
# by inenokami | 2018-01-31 05:57 | 古いもの | Comments(0)